【箇条書きのススメ】箇条書きからコンテンツを生み出す方法

箇条書き ライティングテクニック
こんなあなたへ役立つ記事です
売れるセールスメッセージを書きたい/すぐに使えるライティングテクニックを知りたい/LPでの伝え方を学びたい

同じセールスメッセージでも、伝えるメッセージと伝わりづらいメッセージがあります。その違いって何だと思いますか?

今回は伝わるセールスメッセージの作り方と、コンテンツを生み出す方法を紹介します。

ミートソースパスタのセールスメッセージ

「10年間都内の高級レストランで修業を積んだシェフが、独立して開発したオリジナルミートソースパスタ。今までに見たことも食べたこともないような新しいミートソースパスタにあなたは驚くでしょう。セットで付いてくるオリジナルのスープ。このスープはそのまま飲んでも美味しいが、パスタの中に入れてスープパスタにすることで、さらなる味の変化を楽しむことができる。」

というようなセールスメッセージがあったとします。

これをもっと分かりやすくお客さんに伝える方法があります。

それが箇条書きです。

箇条書きのススメ

箇条書きとは
文章を内容ごとに1つ1つ項目として分けて表現する方法。

要するに長い文章を短く小分けにして伝えるということです。

実際に上記のミートソースのセールスメッセージを箇条書きにしてみましょう。

  • 都内の高級レストランで10年間修業
  • オリジナルミートソースパスタを開発
  • 今までにない新しいミートソースパスタ
  • 普通に飲んでも美味しいスープに秘密がある
  • パスタにかけてスープパスタになる
  • 味が変化する

長い文章が短くまとまりました。箇条書きは文章を短くする編集の際に使えるテクニックでもあります。

箇条書きにすることで、ダラダラと長い文章よりも伝わりやすさがアップします。

箇条書きから魅力的なコンテンツを作る方法

列挙した箇条書きからより伝わりやすいコンテンツを作り出すこともできます。

方法としては、まず箇条書きをグループごとに分けます。

  1. シェフの紹介
    ・都内の高級レストランで10年間修業
    ・オリジナルミートソースパスタを開発
  2. メニューの紹介
    ・今までにない新しいミートソースパスタ
  3. 強みの紹介
    ・普通に飲んでも美味しいスープに秘密がある
    ・パスタにかけてスープパスタになる
    ・味が変化する

以上の3つのグループに分けることができました

続いて、グループごとに情報を追加してコンテンツを作ります。

1.シェフの紹介

シェフの紹介シェフの顔写真やプロフィールを追加してシェフ紹介コンテンツを作ります。箇条書きにした「都内の高級レストランで10年間修業」を見出しに使い、オリジナルミートソースパスタ開発までの話をするのも良いでしょう。

2.メニューの紹介

メニュー

何の商品なのか?というお客さんが抱くであろう疑問にストレートに答えるために、箇条書きにした「今までにない新しいミートソースパスタ」と伝えることができます。

3.強みの紹介

メニューの強みなので、メニュー紹介のコンテンツの中に盛り込むことができます。そこに写真を追加して、強みをよりイメージしやすくします。

今までにない新しいミートソースパスタ

パスタに付いてくる美味しいスープ
実はこのスープに秘密が!

スープ

パスタにかけてスープパスタに
今までにない味の変化を体験!

スープパスタ

いかがでしょうか?メニューを紹介するコンテンツを作り、そこ写真を追加することで、当初の文章だけと比べて、より分かりやすくイメージしやすくなりましたよね。セールスメッセージが伝わりやすくなった証拠です。

このように、箇条書きからコンテンツを生み出すことで、より具体的にイメージしやすいセールスメッセージを伝えることができます。

魅力的なコンテンツを作る流れ

長い文章→箇条書き→グループ分け→コンテンツ化

今回紹介した方法は、様々な情報が長い文章の中に入っている時に非常に効果的です

ランディングページでは、情報が整理されていないと、セールスメッセージが伝わりづらくなり、それが原因でコンバージョン率が落ちます。この方法を使って、情報整理と分かりやすい発信を心掛けましょう。