お客さんを共感させる方法

お客さんを共感させる方法 ライティングテクニック
お客さんを共感させる方法

共感させるセールスメッセージライティング

お客さんに共感してもらうと、親近感と信頼感がアップする。それはコンバージョン率アップにもつながる。

今回はお客さんに共感するではなく、お客さんに共感してもらう為の方法を紹介する。

まず重要なのは「ターゲット分析」であることは分かるだろう。お客さんが何に悩んでいるのか?何を考えているのか?何を思っているのか?が分かれば、お客さんに共感してもらうことは難しくない。

例えば
女性のお客さんが薄毛に悩んでいるとする。そのお客さんの共感を得るセールスメッセージは・・・

  • 鏡を見ていた時にふと頭皮が薄くなっていることに気付いた
  • 実は日本の女性の10人に1人は薄毛で悩んでいると言われている
  • 悩みは本当に深刻…でもどうしたら良いのか分からない
  • 頭皮のマッサージをしてもあまり効果がない
  • クリニック?育毛剤?ウィッグ?どうすれば良いんだろう…

などが挙げられる。しかし、上記の文章はただ思い付きで書いているのではない。

実はリーサーチした結果が書かれている。

  • 鏡を見ていた時にふと頭皮が薄くなっていることに気付いた

    「毛髪が気になり始めたきっかけ」のアンケートにおいて1位という
    結果がインターネット上にある
  • 実は日本の女性の10人に1人は薄毛で悩んでいると言われている。

    実際の調査データがインターネット上にある
  • 悩みは本当に深刻…でもどうしたら良いのか分からない
    クリニック?育毛剤?ウィッグ?どうすれば良いんだろう…

    悩み投稿サイトにあった実際に薄毛で悩んでいる人の声をまとめた
  • 頭皮のマッサージをしてもあまり効果がない

    薄毛で悩んでいる人の実践したが効果がなかったこと

このようにすべてのセールスメッセージがターゲット分析を基に書かれていることが分かるだろう。すると、お客さんは「あー分かる分かる」と共感してくれる可能性が高まる。

共感させる方法…それは「ターゲット分析」を行い、お客さんが抱いているであろう悩みを調査し、それをセールスメッセージに落とし込むことである。

お客さんの悩みをあなたが勝手に想像することではないので注意が必要だ。